简帛网

 找回密碼
 立即注册
查看: 3479|回復: 0

紙屋正和 《漢時代における郡縣制の展開》 目次

[複製鏈接]
發表於 2011-3-7 09:41 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
漢時代における郡縣制の展開
紙屋正和
朋友書店 二〇〇九年三月
  
序章 漢時代郡県制研究の課題と視角 3
  はしがき 3
  一 郡県制に関する先学の理解の検討 7
  二 本書における考察範囲と考察の内容 18
  三 本書における史資料の引用 25

第一編 前漢前半期における地方行政の状況 41
 第一章 前漢前半期における県・道による行政 41
  はしがき 41
  一 県・道の管掌する任務42
  二 県・道の吏員組織の系譜と機能 66
  三 前漢初期における県・道の吏員組織 71
  むすび 86
 第二章 前漢前半期における郡・国の職掌と二千石の任期 99
  はしがき 99
  一 郡・国の管掌する任務 100
  二 郡・国の任務の限界 115
  三 高祖・恵帝・呂后期における郡・国の二千石の任用 125
  むすび 139
 第三章 文帝・景帝期における郡県支配の変化の兆候 150
  はしがき 150
  一 文帝・景帝期における郡・国の二千石任用の変化の兆候 151
  二 県・道による行政の限界をしめす諸事例 157
  三 県・道の吏員の不法行為と郡・国の二千石の監察官としての機能強化 162
  四 勧農にみる県・道の吏員の限界 167
  むすび 178

第二編 武帝期における郡県制の展開 185
 第四章 武帝期における郡・国の守・相の職権強化 187
  はしがき 187
  一 守・相の職権強化のあり方 189
  二 上計制度の充実―職権強化の背景(i 196
    三 察挙制度の整備―職権強化の背景(ii 200
  四 守・相の租賦徴収への関与―職権強化の背景(iii)と強化の過程 204
  五 県・道の吏員組織の改変と地方官の本籍地任用回避制度の強化 210
  むすび 220
 第五章 武帝の財政増収政策と郡・国、県・道 233
  はしがき 233
  一 財政増収政策の担当官署 234
  二 中央直属の官署と郡・国、県・道 244
  三 財政増収政策と郡・国、県・道の性格 250
  むすび 261

第三編 前漢後半期における郡県制の諸相 269
 第六章 前漢後半期における郡・国とその守・相に対する規制の強化 271
  はしがき 271
  一 郡・国とその守・相に対する間接的規制の強化 272
  二 上計・考課制度の展開 278
  三 上計・考課の限界 284
  むすび 291
 第七章 前漢後半期における中央政界と郡・国 301
  はしがき 301
  一 郡・国の二千石を軽視する風潮 303
  二 郡・国の二千石から公卿への登用 308
  三 外戚・佞幸政権と郡・国の二千石 316
  四 中央政界と地方行政 327
  むすび 343
 第八章 尹湾漢墓簡牘と上計・考課制度 360
  はしがき 360
  一 先行研究にみる上計・考課制度の手続き 361
  二 尹湾漢墓簡牘の郡政関係木牘の性格 377
  三 五号木牘正面(東海郡下轄長吏不在署・未到官者名籍)の検討 388
  むすび 401

第四編 県・道の長吏と郡・県の属吏組織―郡県吏員組織の変容― 413
 第九章 前漢末における地方官府の構成―吏員の設置状況からみる― 415
  はしがき 415
  一 前漢時代における郡・県の吏員組織と漢律 416
  二 県尉のおかれない県・列侯国 430
  三 東海郡の郷の数と郷の構成 437
  四 百石の吏と斗食・佐史 441
  むすび 448
 第十章 両漢時代における県・道の長吏の任用形態とその変遷 460
  はしがき 460
  一 前漢前半期における県・道の長吏の位置づけ 461
  二 前漢前半期における県・道の長吏の任用 468
  三 前漢後半期以降における県・道の長吏の任用 480
   1 察挙・任子などにより登用された県・道の長吏 480
   2 功次による昇進で任用された県・道の長吏 485
  四 後漢時代における県・道の長吏任用の変遷 498
  五 漢時代官制史における二百石の関門 508
  むすび 513
 第十一章 両漢時代における郡府・県廷の属吏組織と郡・県関係 537
  はしがき 537
  一 前漢後半期の郡・国の守・相を中心とする行政の限界 539
  二 郡府・県廷の属吏組織の再検討 551
  三 郡・国と県・道との関係の変遷 569
  むすび 579
 付章 王莽期の地方行政 596
  はしがき 596
  一 王莽の地方行政改革 599
  二 王莽の地方行政改革の限界 604
  三 後漢の郡県制復活 617
  むすび 623

第五編 後漢時代における地方行政の停滞 635
 第十二章 後漢時代における地方行政と三公制度 637
  はしがき 637
  一 地方行政と三公制度 638
  二 三公の地方行政に対する姿勢 649
  三 三公の無責任体制の背景 663
  むすび 673
 第十三章 後漢時代における地方行政の変容 680
  はしがき 680
  一 後漢前期の地方行政 681
  二 後漢中・後期における地方行政の停滞 691
  三 後漢中・後期における地方行政停滞の背景 699
  むすび 715
終章 漢時代における郡県制と州牧・刺史 723
  一 郡県支配体制の展開―その要約 723
  二 後漢時代における州牧・刺史と地方行政―のこされた課題 733
   1 前漢における州牧・刺史と行政 734
   2 後漢における州牧・刺史の地方行政とその限界 737
   3 黄巾の乱より前の州牧・刺史と軍事権 751
   4 軍閥争乱時の州牧・刺史 756
  むすび 765

あとがき 775
研究者人名・団体名索引 i
您需要登錄後才可以回帖 登錄 | 立即注册

本版積分規則

手机版|小黑屋|简帛网

GMT+8, 2019-11-17 22:59 , Processed in 1.054389 second(s), 15 queries .

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回復 返回頂部 返回列表